【関連キーワード編】重要専門用語解説特集!

専門用語特集

 こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はタイトルにもある通り、関連キーワードについて解説いたします。 

関連キーワードという言葉を知っていますか?風評被害対策を行う上でしっかりと理解しておきたいキーワードです。それでは、基礎から解説していきます。今後の風評被害対策の参考にしていただけたらと思います!

 

関連キーワードとは?

 

 関連キーワードとは、例えばGoogleで検索したときに、検索結果ページの下部に「○○(検索したキーワード)に関連する検索キーワード」と表示される10個のキーワードのことです。

調べ方としては、Googleの検索窓に調べたいキーワードを打ち込み、検索を開始します。すると検索結果ページが表示されます。検索結果ページでは、広告枠や検索結果に該当したページなどが順番に並びますが、一番下までスクロールすると、「○○に関連する検索キーワード」という文言とともに、10個のキーワードが並びます

たとえば、〇〇株式会社と検索した場合は以下の通りです。

サジェストキーワードとの違いは?

 サジェスト(Suggest)とは「提案する」という意味で、検索エンジンにキーワードを入力すると自動的に表示される検索候補をサジェストキーワードといいます。これは、入力したキーワードに応じて検索エンジンが「よく検索されているキーワード」を検索候補として表している結果です。この機能があることで、ユーザーは入力の手間を省き、「このキーワードで検索する方法もあるか!」と検索エンジンの利便性を高められます。

たとえば、〇〇株式会社と検索した場合は以下の通りです。

 関連キーワードとサジェストキーワードの違いを一言で表現するならば、「自分自身の検索傾向の有り・無し」ということです。関連キーワードは、自分自身の検索傾向は除外して表示されるのに対し、サジェストキーワードは、自分自身の検索傾向を考慮して表示されます。

 

 関連キーワードとは、検索をかけた際、検索結果ページの下部に「○○(検索したキーワード)に関連する検索キーワード」と表示される10個のキーワードのことです。サジェストキーワードと関連キーワードでは表示されるものが異なります。

 


関連キーワードの仕組み

 

 関連キーワードは、Googleなどそれぞれのネットサイトのアルゴリズムによって自動的に表示されています。検索クエリや関連サイトを参考に抽出したキーワードを自動的に表示する仕組みになっています。

関連キーワードは、常に検索ボリュームのあるキーワードが表示されていて、検索するユーザーがどこから検索したのかや、検索しているデバイスの状況には左右されません。

関連キーワードは、アルゴリズムによって自動的に表示され検索クエリや関連サイトを参考に抽出したキーワードを自動的に表示する仕組みになっています。

 

関連キーワードが及ぼす影響

 

 関連キーワードは、ポジティブなキーワードが表示されればブランディングに繋がりますが、逆にネガティブなキーワードが表示されてしまうと採用活動や営業活動がマイナスなイメージを拡散する活動になり、悪影響を及ぼしてしまいます。

 例えば、会社名を検索した際に「〇〇株式会社_ブラック」「〇〇株式会社_パワハラ」などのキーワードが、関連キーワードに表示された場合、就活生や求職者がそのキーワードを目にしたら不安になりますし、最悪の場合は内定辞退や選考辞退に繋がってしまいます。また、「〇〇_詐欺」「〇〇_最悪」などのキーワードが関連キーワードに表示された場合、そのサービスや商品への購買意欲が低下し、妨げてしまう可能性もあります。

 人間の心理としてそういったネガティブなキーワードを見つけた際、興味本位でクリックしてしまう人は多くいます。視認性が高いからこそネガティブなキーワードが表示されていないかをチェックする必要があります。

 関連キーワードにネガティブなキーワードが表示されてしまうと採用活動や営業活動がマイナスなイメージを拡散する活動になり、悪影響を及ぼしてしまいます。視認性が高いからこそネガティブなキーワードが表示されていないか日ごろからチェックすることが重要です。

 

まとめ

 以上、今回は専門用語特集として関連キーワードについて解説いたしました!関連キーワードは検索回数が多く、関連情報がWeb上に多いキーワードです。そしてユーザーの目に付きやすく視認性が高いため、表示されたまま放置しておくと悪い印象を持つユーザーが増加し、根も葉もない情報が膨脹する危険性があります!皆様も自社のキーワードについてチェックしてみてください!

もう悩まない。
最短即日で対策着手可能の風評被害対策で
企業のブランドを守ります

お問い合わせ後、風評被害の状況をじっくり分析。
状況と予算に合わせた対策メニューを専任担当者からご案内します。
過去の対策事例やお見積もりはもちろん、今後の被害予測レポートのご用意も可能です。

今すぐ相談する(無料)

関連記事一覧