次はあなたかも…?コロナの影響で増加中の誹謗中傷とその対策方法

機会損失, ブランディング, トレンド

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です!

今回はタイトルにもある通り、コロナの時期だからこそ、知っておいてほしい誹謗中傷の原因と対策について解説いたします。

コロナがきっかけで増えた誹謗中傷

年始から流行しているコロナウイルスの影響は止まるところを知らず、日本だけでなく世界中の人々に影響を与え続けています。仕事や旅行ができず、毎日家で過ごさなければならない日々。ほとんどの人はこの普段とかけ離れた生活にストレスが溜まったと思います。人間の抱えられるストレス量は人それぞれです。

では、ずっと家で我慢し続けた人のストレスはどこへ行くのでしょうか?「自分は我慢しているのに、どうしてこの人たちは外に出るんだ!」とイライラが爆発してしまいます。そして、それはSNSでも同じ。些細なことでも、攻撃的な内容の投稿に繋がります。その中には誹謗中傷と見受けられる投稿も多くされています。コロナウイルスは経済面でも甚大な被害をもたらしましたが、人々の心理にも大きな影響を与えているのです。

コロナウイルスの影響でストレスがたまる日々。どこにも向けられない怒りの矛先は、普段では気にしない些細なことにすら向けられてしまう。


誹謗中傷の実例

5/23に日本中を騒がせた事件が起きました。女子プロレス選手だった木村花選手が誹謗中傷が原因でなくなりました。彼女は選手として活躍するだけでなく、あるテレビ番組に出演していました。そこでの言動に対して視聴者たちはアンチコメントをSNSで投稿し、彼女の心を苦しめていきました。そしてその苦しさが頂点に達した時、彼女は自害を決意したのです。彼女を殺したのはSNS、匿名の誰かであり、この事件はSNSの誹謗中傷に対する法整備を促すきっかけになりました。(引用元 https://news.yahoo.co.jp/byline/tokurikimotohiko/20200531-00181120/)

今回は著名人が犠牲になってしまいましたが、SNSが普及している現代社会では、いつ自分の身に危険が訪れるかわかりません。誹謗中傷をしないことはもちろん、されるような行動をとらないことも身を守る術です。そして、されないための予防策を事前に用意しておくことも非常に大切です。

誹謗中傷は最悪の場合、命を絶ってしまう原因になる。私たちはその自己意識を持ってSNSと向かいあっていかなければならない。


非常時だからこそ、最優先に注意を

今回の場合は著名人が被害を受けた事例になりますが、もし、この誹謗中傷の矛先が自社の社員に向けられたらどうでしょうか?企業のマイナスイメージになるのはもちろん、その社員の精神の崩壊、最悪の場合自殺してしまう可能性があります。現在、コロナウイルスの影響で国民はとても敏感になっています。この時期だからこそSNSをはじめ、ネット上の風評被害対策はきちんと行いましょう。それが、自社の社員の安全、会社としての成長に繋がります。

コロナによって増えた誹謗中傷の矛先はいつ向けられるかわからない。この時期だからこそ、風評被害対策を最優先して行うべきである。


まずは、監視する習慣をつけることから

誹謗中傷対策といっても、何から始めればいいのでしょうか?

まずは、自社について何か書き込まれていないか定期的に監視する習慣をつけるところから始めしょう。

そこまでの時間が取れないという企業様は、ぜひ弊社が開発した無料の風評アラートサービスをご活用ください。定期的に監視することが自社の社員を誹謗中傷から守ることに繋がります。

詳しくはこちら

風評アラート

関連記事一覧