営業力が仇となる!?不動産投資会社を追い込むGoogleサジェスト事例

アウトバウンド営業

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回は不動産会社のサジェスト対策について解説いたします。 「サジェストってどんな影響があるの?」「不動産投資会社のサジェスト対策って必要?」そういった内容に悩まされている経営者やweb担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、今後のブランディング活動に役だつ、不動産投資会社のサジェスト対策についてまとめました。今後の風評被害対策の参考にしていただければと思います!

不動産投資会社の検索のきっかけ

サジェスト対策を考える上で大切なことはユーザーの検索きっかけの把握です。

なぜなら、検索のきっかけがサジェストに反映される場合が多いからです。

では不動産投資会社は何がきっかけで検索されているのでしょうか?

テレビCMやネット広告なども考えられますが、一番大きなきっかけは電話営業でしょう。

その理由としては、不動産投資会社の多くは販売方法として電話営業という形をとっているからです。

ある日、突然見覚えのない電話番号から着信があり、出てみると不動産投資の会社の勧誘だったという経験のある方も多いのではないでしょうか。

ユーザーが不動産投資会社を検索するきっかけは意外にも電話営業が多いのです。この電話営業が不動産投資会社のサジェストに大きく影響してきます。


実際に表示されるサジェスト

次に実際に表示されているサジェストを見ていきましょう。

多くの不動産投資会社名を検索すると、サジェストの上位に「迷惑電話」や「迷惑」と表示されます。記事を読んでくださってる皆さんも実際に確かめてみてください。

これは先ほど説明した不動産投資会社の検索のきっかけが影響しているのです。

この「迷惑電話」や「迷惑」というサジェストはどのような悪影響を及ぼすのでしょうか?

サジェストは会社を検索する際に一番初めに目に入るところです。ネガティブワードがあるだけでもブランドイメージの低下や業績の悪化につながるリスクがあります。

それだけではなく、最も恐るべきなのはサジェストをクリックされたら表示されるサイトなのです。

電話営業がきっかけで「迷惑電話」や「迷惑」と検索するユーザーが多いことから、サジェストにもこのようなネガティブワードが表示されてしまうのです。サジェストに表示されるネガティブワードは会社経営を脅かすようなリスクが潜んでいるのです。


サジェストをクリックしたら表示されるサイト

サジェストをクリックしたらどのようなサイトが表示されるのでょうか?

実際に不動産投資会社の例を見ていきましょう。

サジェストで「迷惑」と表示されているのをクリックすると、多くの場合は電話帳サイトや企業の口コミサイト、ブログが表示されます。

この3つのサイトに共通することは迷惑なセールス電話についての書き込みがあることです。

このような企業に関するネガティブな口コミがあると、人件費と広告費かけてやってる活動が、こういうネガティブなものを広める施策になってしまいます。

ネガティブなサジェストはネガティブなサイトへ誘導します。そして気づかないところでの機会損失に繋がっています。早急に対策すべきです。


まとめ

不動産投資会社のサジェスト対策の必要性について理解していただけましたか?

ネガティブなサジェストはネガティブなサイトへ誘導してしまいますが、逆に言えばサジェスト対策をすればネガティブサイトへの誘導を防ぐことができるのです。

機会損失を防ぐためにも、早期発見と対策が必須になってきます。

もしサジェスト対策に関してお困りであれば、お気軽にご相談ください。

関連記事一覧