Bingの検索サイトはいかに!意外な落とし穴に要注意!

機会損失, アウトバウンド営業, サイト別コラム

 こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はタイトルにもあるとおり、Bing検索キーワードについて解説いたします。 GoogleやYahooをはじめ、Bingという検索エンジンを利用して様々な情報収集をする方も多くいらっしゃいます。ネガティブな内容のサジェストや記事、口コミが書かれていた場合大きな機会損失に繋がってしまいます。そこでBingとはどういったものか、気を付けるべきポイント、対応方法に分けて解決していきます。

 今回は、今後のブランディング活動(採用や営業でも可)に役だつ、Bingの検索キーワードについてまとめました。今後の参考にしていただければと思います!

Bingとは

 Bingという検索エンジンをご存じですか?Bingはマイクロソフトの検索サイトで独自の検索技術を使用しています。しかし、日本の多くの方々はGoogleやYahooを用いて検索をかける方が多いのではないでしょうか。ですが実は、全世界でのパソコンにおける検索エンジンシェアでは、Googleに次いで第2位にBingがランクインしています。日本国内においてもGoogle、Yahooに次いで第3位に位置しており、パソコンでのシェア率は1割程度です。そのため、完全に切り捨てていい存在とは言えないでしょう。

 日本ではパソコンを新たに購入した層が、そのままブラウザを変えずに検索エンジンを使い、Bingが一定のシェアを持っていると考えられます。そのため一言でいってしまうと、インターネットにそれほど精通していない層の利用が高いのではないか、ということになります。また、学校等に設置されているWindowsのパソコンも高確率でそのままBingを用いています。

 

 Bingは世界シェア第2位、国内シェア第3位を誇る検索サイト。Windowsのパソコンを購入しブラウザを変えない場合、Bingを利用することになるため、インターネットに精通していない層や学校等で多く利用されている。


気をつけるべきポイント

 Bingのシェア率は意外と高く、注意しておくべき検索サイトの1つであるということをわかっていただけたのではないかと思います。特に、パソコンでそのまま利用しいる方が多いため、BtoBなどパソコンからのWeb利用が多いビジネスでは、気にしておいた方が良い検索サイトになります。また、インターネットに精通していない層が多く利用しているだろうという予測から、例えばある程度収入のある高齢者の方の利用も高いと考えられます。そのため、サプリや健康食品といった高齢者の方が多く興味を持つ商品を売っている会社は注意しておいた方がいいでしょう。

 そして、もう一つ押さえておきたいのは、Bingはアメリカを中心にしたシェアが高いということです。特にアメリカでは2位のシェア率であり、アメリカのYahoo!の検索技術にBingを導入していますので、それを含めると3割前後のシェアというのが定説です。グローバル展開、とりわけアメリカでの活動が多い場合には、海外向けのSEOとしてBingの検索技術もチェックしておくべきでしょう。

 BtoBなどパソコンからのWeb利用が多いビジネスや、インターネットに精通していない高齢者の興味を持つ商品を売っている会社、グローバル展開、とりわけアメリカでの活動が多い場合には、Bingの検索技術もチェックしておくべき。


対応方法

 様々な層の人々や企業がBingを利用しているため、風評被害対策を疎かにしては多大なる機会損失に繋がってしまいます。興味を持ち企業名や商品名を検索した際に「最悪」や「ブラック」、「偽物」等のネガティブなキーワードが、検索欄や口コミに見られた際は、採用や購入の意思を背いてしまう可能性が高くなってしまいます。

 そのようになってしまってからでは遅いため、はやい段階からこまめに自社のサービスやホームページ、掲示板等をBingでチェックしておく必要があります。やはり、予算をかけてる営業活動や採用活動が悪いイメージを拡散する活動になってしまってはもったいないです!!

 具体的な対策方法として、1.監視 2.逆SEO対策 3.削除 の3つが大きく分けて挙げられます。

 1.ネガティブな内容のものが表示されていないかどうか、日ごろから監視する方法です。これによってネガティブ情報を早期発見することができるため、いち早く対策に繋げることができ、リスクを回避することができます。

 2.ポジティブな内容のものでうめつくすことにより、ネガティブなものが表示される順位を押し下げる方法です。しかし、いたちごっこといい、再び目につきやすくなってしまうというデメリットも存在します。

 3.ネガティブな内容の口コミやサジェストを根本的に削除する方法です。この場合は特に、専門業者に委託することをおすすめします。

 詳しくは、宜しければ以下のリンクからご覧ください。

意外と見られている口コミ!対策をして会社を守ろう!~Google口コミ編~

 Bingも意外と利用者が多いため、企業様のマイナスイメージに繋がる口コミの表示を防ぐためはやい段階から対策をし、自社のサービスをこまめにチェックすることで、機会損失に繋がらないようにするべき。


まとめ

 いかがでしたでしょうか。Bingの検索サイトの重要性もわかっていただけたでしょうか。Google等の検索サイトにおけるネガティブキーワードを気にしていらっしゃる企業様は多くいらっしゃると思いますが、意外と日常的にBingを用いて様々な情報収集をしている方も見られます。企業様のマイナスイメージに繋がるものがかかれてしまっては、機会損失に繋がってしまいます。そのため、こまめに情報をチェックしておくことで未然に防ぎましょう!

もう悩まない。
最短即日で対策着手可能の風評被害対策で
企業のブランドを守ります

お問い合わせ後、風評被害の状況をじっくり分析。
状況と予算に合わせた対策メニューを専任担当者からご案内します。
過去の対策事例やお見積もりはもちろん、今後の被害予測レポートのご用意も可能です。

今すぐ相談する(無料)

関連記事一覧