一目で会社のネガティブ情報が知られてしまう前に!~サジェスト対策~

基礎編

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はタイトルにもある通り、サジェスト対策について解説いたします。

サジェスト(検索キーワード)は、ネットにある情報の中でも、閲覧者の目に留まりやすい情報です。サジェスト対策を考えている企業様も増えてきています。しかし、どのように対策すればいいのか悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。 サジェスト対策の中には、いたちごっこになるものや、対策に時間がかかってしまうものもあります。そこで、競合他社、対策の費用感、NG業者について説明し、弊社の対策を紹介致します。

競合他社の紹介

競合他社のサジェスト対策は、いいものを押し上げ、ネガティブなものを目立たなくさせる、「逆SEO対策」を行う会社があります。また、弁護士が代わりに削除申請を行う法律事務所などがあります。弁護士が行っているところはこのようなところです。

https://netrisk-hotline.com/?gclid=CjwKCAjwqpP2BRBTEiwAfpiD-8wq37ReNc-atquZ5cAL7W9NfVt_5c5crcXaUA_UlkLhhIssRFVI5xoCf6sQAvD_BwE

多くの会社が行う対策が逆SEO対策です。弁護士が対応するところもあります。


対策の金額感、相場感

サジェスト対策の相場は、月額5万円~30万円です。対策するサジェストの数、期間によって変動します。また、成功報酬型で請け負うところもあります。

サジェスト対策の相場は月々5万円~30万円。成功報酬型もあります。


NG業者のケース

  • 逆SEO対策
  • 削除申請

多くの業者が行っている逆SEO対策は、ネガティブなものを削除しているわけではないので、ネガティブなものがいつ浮き出てくるかわからないというデメリットがあります。ネガティブなものが浮き出てしまった場合、押し下げに使った費用が無駄になってしまいます。また、弁護士に削除申請を依頼した場合、弁護士が削除申請をしても削除できないものがあります。また、代行業者(民間)が削除依頼、削除請求をするといったことは、違法です。

逆SEO対策にも、弁護士に依頼する削除申請にもデメリットがあります。


 

 

関連記事一覧