そのままで大丈夫?〜ネット社会と採用活動の変化〜

求人広告

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はタイトルにもある通り、採用活動の変化について解説いたします。

求人広告を出しているが応募が思うようにこない、そういった内容に悩まされている担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、採用活動に役だつ情報についてまとめました。今後の採用活動の参考にしていただければと思います!

採用活動とはなにか

今年は、新型コロナウイルスの影響でオンライン上での面接など例年とは異なる形での採用活動が進んでいます。

慣れない方法での活動に苦労なさった方も多いのではないでしょうか。

異例の形なった今年の採用活動ですが、そもそも「採用活動」とはどのようなものなのでしょうか。

採用活動とは

採用活動とは自社が求める人材を探し出すため、求人広告などを活用し応募・入社に導く業務のことを指します。求人の内容により、志望度やこの活動により自社の未来を担う人材を確保するため、とても重要な企業活動の一つと言えるでしょう。採用担当者は、求職者の母集団の形成から、選考、内定通知や内定者への研修など多くの業務を行う必要があります。

求人広告は採用活動においてとても重要で、その内容によって志望度や求める人物像とのマッチ度が左右されてしまいます。

採用に関する主な業務

採用に関する業務は主に計画の作成、採用広報、選考、入社までのフォローに分けることができます。

計画の作成では、採用人数・求める人物像・採用フローの決定やスケジュールなどを作成します。そして、計画に基づいた予算や採用
 体制などを策定します。

採用広報では、採用ターゲットに適した求職者サイト、求人広告の作成などを行います。さらに、説明会等を開催し求職者とコンタクト
 をとるという方法もこの段階に含まれます。広報の段階で「正確な情報」を伝えることがマッチ度の高い人材獲得につながります。

選考では、計画の段階で決定した採用フロー(書類選考、適性検査、面接など)で選考を行い内定通知までを行います。

入社までのフォローでは、内定通知後の内定者向けのイベント(懇親会など)の実施や、内定辞退者を出さないための施策を行いま
 す。 

採用活動の流れは、新卒・中途で異なるため注意が必要です。新卒採用は、広報活動の開始以前にインターンシップを行い長い期間で採用活動を行なっている企業も多く存在します。


求人広告出すだけで大丈夫?

先ほど記述した通り、「求人広告」は採用活動においてとても重要な役割を果たします。

かつてインターネットから情報を収集するが主流ではなかった時代、求職者は新聞などの紙面を通じ情報収集を行なっていました。

しかし、現在はインターネットからの情報収集が主流となっており新卒入社した社員の約95%が情報収集にインターネットを活用したいうデータもあります。

インターネット上には2020年5月現在、全国に626,328件もの求人が存在します。そのため、知名度が高い企業以外の求人は求職者の目につきにくいのが現状です。

以前にも増して、求人広告は出すだけではなく閲覧数を増やす施策が求められます。

全国求人情報協会(求人広告掲載数調査結果 2020年5月分)
 https://www.zenkyukyo.or.jp/outline/research/

閲覧数を増やす施策例

求人広告の閲覧数を増やす施策の例としては、

会社WEBサイト・ソーシャルメディアの活用

バナー広告配信

スカウト機能の活用

メール広告の活用

求人メディアの有料プランの利用・プランのアップグレード

などが挙げられます。

この中でもソーシャルメディアの活用は、費用の面でも導入しやすいものとなっています。従業員に情報拡散してもらう方法も効果的です。

求人広告の閲覧数を増加させる施策は必要不可欠となっています。しかし、情報の拡散は思わぬところで企業にマイナスの影響を与えることもあるので注意が必要です。


情報拡散によるリスク

企業にとってコストをかけた採用活動、広報活動は欠かせないものとなっています。

しかし、その費用をかけた活動が企業のマイナスイメージを拡散する活動になってしまう可能性もあります。

その原因となるのが「ネガティブな内容の口コミ」です。
口コミの中には、もちろん良い影響を与えるものも存在します。しかし中には事実無根の書き込みや個人への誹謗中傷といった書き込みも存在します。

 

上の画像では、企業名を検索したときに「悪徳」や「ブラック」といった内容のものが表示され、サイト内の評価も低い状態です。

このような状況を放置すると、将来的な求職者の減少や内定辞退者の増加に繋がります。

ネット上のネガティブな情報の放置はさらなる情報の拡散や採用活動への影響のみならず、営業活動にも大きな影響をもたらす可能性があります。ネット上では拡散スピードがはやいため、情報の早期発見、早期解決が重要です。


まとめ

今回は、採用活動に関する内容を書かせていただきました。

採用活動は、時代の変化・テクノロジーの進歩とともに常に変化しています。
ある大手企業では、書類審査・動画審査にAIの導入が始まるなど、かつては考えられなかったような方法が登場しつつあります。

採用活動もコロナウイルスを受け、新たな形が構築される可能性もあります。
その際、インターネット上の情報がこれまで以上に重要視され求人広告の内容改善や、ネットの状況の整備を進める必要があります。

弊社では求人広告代理店の他、ネット上の風評被害対策(ネガティブなものの削除・ネット上の情報監視)を行っております。
不明点がございましたらお気軽に、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事一覧