ミスマッチを防ぐ!学生の長期インターンの探し方。

インターン採用

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はタイトルにもある通り、長期インターンシップの選び方について解説いたします。

学生の興味を引ける短期インターンシップってどんなものだろう・・・、そういった内容に悩まされている担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、今後の採用活動に役立つ、学生の短期インターンシップの選び方についてまとめました。今後の参考にしていただければと思います!

長期インターンシップとは?

そもそも長期インターンシップとは何でしょうか?

長期インターンシップ
・半年以上の長期間行う
・営業、マーケティング、プログラミング、採用、企画、事務などの実務を行う
・感覚はアルバイトに近く、時給や月給で給料が支払われる
・社会人0年目として実務を重ねることでスキルアップが見込める

Wantedlyやキャリアバイトなどの媒体を通して募集されていることが多く、就活生だけでなく大学1、2年生といった世代も高い意識をもって取り組んでいることも多いです。

長期インターンに参加する学生は社会に出てから周りと差をつけるべく、技術や知識を先取りして学びスキルアップを目的としています。

現役インターン生が教える!インターン完全攻略ガイド

↑長期インターンと短期インターンの大まかな比較はこちら

短期インターンシップと同様に、学生は何かしらの目的をもってインターンシップに参加します。

長期インターンシップの場合は

・社会に出てから役立つスキルを身に着けたい
・就活で胸を張って話せる経験がしたい
・普段は関われない人と仲良くなりたい
・その会社の内定が欲しい
・若いうちに独立するために経験を積みたい
etc…

学生は高い成長意欲をもって長期インターンに参加しますが、中でも重視されるのがどんな経験ができるのか」です。

近年はインターン生をひどく使う「悪質インターン」と呼ばれる長期インターンシップが増えています。そのため、学生もインターン選びを慎重に行います。

wantedlyやnote、twitter等でしっかり情報を発信して、学生が安心して選べるような環境を作るといいでしょう。

・長期インターンでは「どんな経験ができるか」を重視したインターン選びが行われる。
・悪質インターンが増えてきており、学生のインターン選びも慎重になってきている。

 


学生の目的とのマッチング

先述したように、学生は目的をもってインターンに参加するため、その目的に沿った経験ができるインターンシップを探します。

自社でインターン生を雇った場合に実際に行ってもらう業務と、インターン生が求める成長や経験を結びつけることが大切です。

「若くてもある程度風通しがよく、裁量権がある環境で働きながらリーダーシップを養いたい!」といった好奇心旺盛な学生や、

「ひたすらにテレアポをして、社会に出る前に営業の基礎を身に付けたい!」といった一つのことを極めたい学生など、様々な考え方を持っています。

学生側としてはこれの判断材料として、SNSやブログなどで情報を集めます。

しかし、実際に見てみない限りは本当にやりたいことができる会社なのか、どんな人が働いているのかは想像するほかに手段がありません。

企業側としても、新卒採用と同じように面談やプロフィールなどを通して学生のことを理解してあげる必要があります。

悪質インターン回避!長期インターンに臨む学生の特徴とは?

↑長期インターンシップに臨む学生の特徴についての記事もご覧ください。

学生のことを理解できずにインターン採用をすると、何も身に付けられず成果が出ないまま1か月でやめてしまった。なんてもったいないことにもなりかねません。

「成果が出せるかどうか」という不安はとても大きいですが、その不安を乗り越えた学生が長期インターンに参加します。

なので、学生としては「成果が出なくてやめた」のような挫折よりも、「いざ挑戦してみたら、やりたかったことじゃなかった」といったミスマッチが原因でやめてしまうことが多いです。「続けているうちにやりたいことが変わってきた」なんて学生もいますが・・・笑

学生が勇気を振り絞ったチャレンジを無駄にしないためにもミスマッチを防ぐことは重要です。

・学生の目的は様々で、SNS等のインターネットで情報収集をする。
・インターン生が辞めてしまう理由はミスマッチが多い。
・ミスマッチを防ぐために学生に対する理解が必要。


インターン生に任せる仕事

インターン生にはどこまでの仕事を任せればいいのでしょうか。営業、マーケティング、プログラミング、の大きく3つに分けて例を挙げます。

営業

・テレアポ:新卒社会人が苦戦する業務の中でも特につまずく人が多いといわれています。学生のうちにテレアポに対する抵抗を払拭してしまいましょう。
・リスト作り:ほとんどの企業は自社でリストを管理しているかと思いますが、新規事業を立ち上げる際等必要な場面もあるかと思います。
・アポイント同行:実際に商談を見ることでテレアポの質が高まります。・
・ナーチャリング:今後商談の見込みがある顧客へのアプローチはお客様との信頼づくりをする上で重要であり、テレアポの質が高まります。

マーケティング

・オウンドメディア制作、プレスリリース制作、サイト分析:これらを並行して行うことで、サイトや記事ごとのpv数UPを狙うようなPDCAを回します。
・IMA検定:ネットマーケティングの資格取得を目指した研修をし、マーケターとしての成長を促進させます。

プログラミング

・各言語の研修:プログラミングインターンに参加する学生は未経験である場合がほとんどです。簡単な言語から一通り研修をしましょう。
・案件の受注:LPやHPの制作等の受注した案件に取り組んでもらい、実戦経験を積みましょう。

共通事項

ある程度インターン生に裁量権を持たせる場合はすべての長期インターンにおいておすすめします。
・インターン生の採用:インターン生に実際に募集、1次面接をしてもらい、採用担当の気持ちになってもらうことで就活に対する心構えをつけましょう。
・企画:事業拡大の企画立案をしてもらうことでグループワークに強くなります。

これはあくまでも例ですが、これらの経験できる業務を開示した上で、見学を通して判断をしてもらうとミスマッチを防げます。

・業務内容をしっかりと開示することが大切。
・ほとんどの学生は未経験なのでしっかりと研修してあげる必要がある。


長期インターンは成長の場

短期インターンシップは情報収集を目的とする学生が多いですが、 長期インターンシップの場合は自己成長を目的とする学生が多い ことはお解りいただけたと思います。

短期インターンとは違い、半年以上の長い期間を一緒に仕事するのでミスマッチによる学生側の損失は大きいです。

学生の損失をなくすためにも ミスマッチを減らし、学生が成長できる環境、体制を整えることが悪質インターンを遠ざけることにつながります。

最後までご覧いただきありがとうございました!

もう悩まない。
最短即日で対策着手可能の風評被害対策で
企業のブランドを守ります

お問い合わせ後、風評被害の状況をじっくり分析。
状況と予算に合わせた対策メニューを専任担当者からご案内します。
過去の対策事例やお見積もりはもちろん、今後の被害予測レポートのご用意も可能です。

今すぐ相談する(無料)

関連記事一覧