求人広告だすなら、直販(メーカー)or求人広告代理店?

求人広告

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はタイトルにもある通り、求人広告の「直販(メーカー)」、「求人広告代理店」の違いについて解説いたします。

どの企業も求人広告を掲載しているかと思いますが、どの業者に依頼するのか悩まされている担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、今後の採用活動に役だつ、直販(メーカー)と求人広告代理店の違いについてまとめました。今後の採用活動の参考にしていただければと思います!

直販(メーカー)と求人広告代理店の違いとは

冒頭でも述べたように、求人広告を取り扱っている企業は大きく「直販(メーカー)」、「求人広告代理店」の二つに分けることができます。

直販(メーカー)

求人広告業界においては、「直販(メーカー)=求人メディアの掲載元」を指します。直販(メーカー)は、自社の求人メディアのみを取り扱っています。

主な求人メディアの掲載元の企業として、

エン・ジャパン株式会社 (エン転職など)

株式会社マイナビ (マイナビ転職など)

パーソルキャリア株式会社 (dodaなど)

株式会社リクルートキャリア (リクナビなど)

などがあげられます。

直販店にもそれぞれ特色があり、「新卒向け」、「中途向け」、「アルバイト向け」など幅広く求人メディアを扱っている企業もあれば、「女性向け」、「業種別」といったターゲットを絞った求人メディアを取り扱っている企業も存在します。

求人広告代理店

求人広告代理店とは、  求人メディアを直販店に代わり販売する企業のことです。

求人広告代理店には、主に2種類あります。

一つ目は、「総合広告代理店」です。これは様々な求人メディアを取り扱っている企業のことを指し、一般的に求人広告代理店とは
総合広告代理店」のことを言います。

二つ目は、「専属広告代理店」です。こちらは、一つの企業の求人メディアを取り扱う業態のことを指します。

直販(メーカー)と求人広告代理店の違いは、「取り扱い可能メディア数」です。いわゆる、求人広告代理店は複数の企業の求人メディアを取り扱うことができる一方、直販(メーカー)は自社の求人メディアのみの取り扱いになります。


直販(メーカー)のメリット・デメリット

自社の求人メディアを取り扱う「直販(メーカー)」のメリット・デメリットをそれぞれ紹介します。

メリット

直販(メーカー)のメリットは主に二つあります。

一つ目は、直販(メーカー)ならではの情報やノウハウを得られるというものです。直販(メーカー)は、自社メディアの質の向上のため、費用をかけてアンケートや市場調査を行っているため多くのデータを保有しています。もちろん代理店にデータ共有を行いますが、直販(メーカー)のみが知りうる情報、もしくは共有される前の情報も存在するでしょう。直販(メーカー)との契約はこのような情報の獲得につばがる場合もあります。

二つ目は、直販(メーカー)には大手企業が多いというものです。中には、地域限定など規模の小さな求人メディアを取り扱う中小企業も存在しますが、主要な求人メディアを取り扱っているのは主に大手企業です。また大手企業は様々な形で広報活動を行っており、知名度があるため安心感があります。

デメリット

直販(メーカー)のデメリットは、求人メディアの運営元であるが故にお客様の要望に沿ったきめ細やかな対応が難しい場合があるというものがあります。一定の基準やルールを作る立場にあるため、価格変更や付随するサービスで付加価値をつけることは難しいかもしれません。そのため「対応が一律で融通がきかない」、「対応が遅い」と感じてしまう方もいらっしゃるようです。

直販(メーカー)には、メディアの運営元であるが故のメリット・デメリットが存在します。知名度の低い代理店に比べ、契約時のハードルが低い場合もありますが、契約後のサポート内容を含め検討することをおすすめします。


求人広告代理店のメリット・デメリット

メリット

求人広告代理店を利用するメリットは主に三つあります。

一つ目は、冒頭でも述べたように求人メディアの取り扱い数が多いというものです。取り扱い求人数が多いため、幅広い提案が可能なため、選択肢が広がり採用目的にあった求人メディアを選択しやすくなります。

二つ目は、複数のメディアを用いた「メディアミックス」が可能だという点です。採用が難しい高度人材や、大量採用を目的とする場合は、メディアミックスを用いることで効果的に採用活動を行うことが可能です。メディアミックスのポイントは多くの選択肢から、最適な求人メディアを組み合わせることです。

三つ目は、窓口の一本化です。複数の直販(メーカー)と契約している場合に比べ、求人広告代理店との契約は打ち合わせや日常的なやりとりの手間を削減することが可能です。

デメリット

求人広告代理店のデメリットは、企業によりクオリティーが異なるというものです。求人広告代理店の数はとても多く、サービス内容も似ているものが多いのが現状です。現在では、求人広告の掲載のみではなく記事の作成・画像の作成などのサポートを行っている企業が多くなっています。そのため過去の実績や、サポート内容を事前に確認する必要があります。

求人広告代理店は数多く存在し、中には質が高くない企業も存在します。そのため、過去の実績や提案内容から最適な企業を選択する力が必要とされます。


まとめ

今回は、直販(メーカー)と求人広告代理店の違いについて紹介しました。

大手企業に任せたいとお考えの担当者様も多いと思います。しかし、複数の求人メディアの利用を検討されている場合は、求人広告代理店の利用も選択肢の一つではないでしょうか。

求人広告代理店には、独自のサービスやキャンペーンを行なっている企業も存在します。それらを利用することで費用対効果が向上する可能性もあります。弊社では主要な求人メディアの取り扱い、記事の作成はもちろんのこと、ネット上の風評被害対策を合わせてご提案することが可能です。

求職者の多くは、「口コミサイト」などから情報を収集し意思決定を行います。弊社ではネット上の監視、ネガティブな書き込みの削除を行なっております。ネガティブな情報の減少は採用活動に好影響(応募者の増加、内定辞退の減少など)をもたらします。

今回の記事を求人メディアや企業選びの参考にしていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

もう悩まない。
最短即日で対策着手可能の風評被害対策で
企業のブランドを守ります

お問い合わせ後、風評被害の状況をじっくり分析。
状況と予算に合わせた対策メニューを専任担当者からご案内します。
過去の対策事例やお見積もりはもちろん、今後の被害予測レポートのご用意も可能です。

今すぐ相談する(無料)

関連記事一覧