意外と見られている口コミ!対策をして会社を守ろう!~Google口コミ編~

機会損失, アウトバウンド営業, メディア運用, WEB広告運用, サイト別コラム

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はGoogle口コミについての特性、デメリット、リスク、対策方法を解説致します。

近年では多くの会社やお店が利用していますが、そのGoogle口コミの中にはデメリット、リスクが潜んでいます。これを読んで会社を風評被害から守りましょう。今後の営業活動の参考になれば幸いです。ぜひお読みください。

Google口コミの特性

まずは、Google口コミについて説明します。Google口コミとは、Googleマイビジネスにある口コミのことです。Googleマイビジネスとは、2014年にGoogleプレイスと、Google+が統合されてできたサイトです。Googleマイビジネスに、ビジネス情報(会社の情報)を登録すると、Google検索結果、GoogleマップなどGoogleサイト上に無料で情報を共有できます。今や大半の会社やお店が、登録をしています。登録をすることで、いち早く会社の情報を知ってもらえたり、場所を探しやすくできたりするからです。Googleマイビジネスに登録できる情報は、以下のようなものがあります。

  • 会社やお店の概要
  • 社名、店名、電話番号、営業時間
  • 外観などの写真
  • 予約システム
  • プロモーション情報
  • 口コミ投稿への返信

Google口コミは、登録している会社には、閲覧者が自由に書き込むことができます。また、Google口コミは、会社情報とともに、会社名、店舗名を調べたときに、1ページ目にきます。ですから、Google口コミは、口コミを見たり書いたりする目的でなくても、会社を検索したときに目についてしまいます。口コミの中でも、目につきやすいところに出てくるものです

 

匿名で書き込めること、会社を検索した時に見られてしまうこのクチコミ。実はこの特徴がリスクにつながってしまうのです!詳しく見ていきましょう!


リスク、デメリット

Google口コミは、以下のようなデメリット、リスクがあります。

  • 匿名で書き込めるため、悪意ある投稿をされる

Google口コミは、匿名で書くことが可能となっています。そのため、同業他社が、蹴落とすために書いたものもあるかもしれません。また、実際に来社、来店していない人が書いているかもしれません。匿名で書き込めるため、書かれているものは本当にその会社やお店と関わったことがある人なのかは分かりません。

  • 口コミを見る目的でない人にも見られてしまう

会社情報を見やすくできるGoogleマイビジネスですが、口コミも目につきやすい場所に来てしまいます。ネガティブな口コミがあった際にも、ネットで社名や店名を検索した多くの人々に見られてしまいます。案外、口コミを見る目的でなくても、会社やお店の電話番号や位置を調べたついでに見てしまう人もいるのです。

  • 低評価、長文での書き込みが可能

口コミなので、当然ながら、低評価を付けることができます。投稿者は、五段階評価をつけることができます。その投稿者全体の五段階評価の平均が、口コミのトップの評価欄に反映されます。一言でなく、長文で口コミを書いている人もいます。

このように、会社やお店が気になっている人が、気軽にみられる口コミとなっております。会社やお店が気になって、場所を調べたり、予約をしようとしている人に、ネガティブな口コミが見られてしまった場合、その人たちを逃がしてしまうかもしれません。また、消費者だけでなく、取引先、求職者が見てしまった場合、来社の意向が背いてしまうかもしれません。ネガティブな口コミによっては、風評被害となってしまうものもあります。

数々のデメリットがありましたね。万が一ネガティブな口コミがあれば、それを見た人は、悪い印象を受けて、来なくなってしまうかもしれません。では、どのように対策をすればこうしたことを防げるのか見ていきましょう!


対策方法

では、対策方法について説明します。以下のような対策方法があります。ここでは一例を紹介します。

  • 普段からネガティブなGoogle口コミがないか監視をする

普段からネガティブな口コミがないかを見て確認する方法です。万が一ネガティブな口コミがあった際には、いち早く気づくことができます。また、投稿者がどのような書き込みをしているのか知ることで、営業活動に活かすことができます。

  • 万が一ネガティブな口コミがあった際には、いいもので埋め立てる

いいもので埋め立てることにより、ネガティブなものが目につきにくくなります。この方法は、悪いものが根本的になくなっていないので、悪いものが浮き出てしまうリスクがあります

  • 万が一ネガティブな口コミがあった際には、削除をする

これは、ネガティブな口コミを、根本的に削除する方法です。この方法は、専門業者にと相談して委託することをお勧めします。勝手にやった場合、逆炎上となる場合があるからです。

このような対策方法があります。対策をする場合には、専門業者の力もかりましょう。専門的な知識が必要だからです。しっかりと対策することで、ネガティブな口コミからの風評被害を会社から守ることができます。

監視、削除の対策をお勧めします。専門業者に委託することで、逆炎上のリスクを防ぐことができます!


まとめ

いかがでしたでしょうか。Google口コミについて理解して、リスク、対策方法について理解できたでしょうか。Google口コミは、匿名で書けることから、どんな人がどんな目的で書いている者なのか分かりません。もしかしたら、悪意目的で書いた口コミかもしれません。そうした口コミは、いつ投稿されるのかは分かりません。また、いつ風評被害が起きるかは分かりません。そのためには、日頃から監視を行いはましょう。また、万が一ネガティブな口コミがあった際には、専門業者に委託して、削除をしてもらいましょう。こうすることで会社を風評被害から守ることができます。Googleマイビジネスは、電話番号や場所などを分かりやすく、見やすくすることができますが、会社、お店側からすると、ネガティブな口コミも見られやすくなるというデメリットもあります

もう悩まない。
最短即日で対策着手可能の風評被害対策で
企業のブランドを守ります

お問い合わせ後、風評被害の状況をじっくり分析。
状況と予算に合わせた対策メニューを専任担当者からご案内します。
過去の対策事例やお見積もりはもちろん、今後の被害予測レポートのご用意も可能です。

今すぐ相談する(無料)

関連記事一覧