Google検索=企業の看板⁉対策の最重要ポイントをまとめて解説!

基礎編, サイト別コラム

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。

今回はタイトルにもある通り、Google検索における風評被害対策について解説いたします。

皆さん、Googleは最も頻繁に利用される検索エンジンだと思いますが、社名やサービスを検索した際に「ん?」と気になるワードがキーワードに表示されているのを見たことがあるのではないでしょうか。

今回は、今後のブランディング活動に役だつ、Google検索への対処法についてまとめました。今後のマーケティングやブランディングの参考にしていただければと思います!

Google検索の注目度

スマホやPCでなにかを調べるとき、日本ではほとんどの場合GoogleかYahoo!の検索エンジンが利用されています。

Googleは企業の情報やクチコミもセットで表示されるので、利便性の高さと安心感から多くの人に親しまれている検索エンジンです。

とはいえ、具体的な数字がわからなければ対策の必要性もわかりませんよね。

そもそも、Google検索の注目度はいかほどでしょうか?

日本で主に利用されている検索エンジンはGoogle検索、Yahoo!検索、そしてMicrosoftのブラウザにデフォルトで設定されているBingの3つです。

その中で、Google検索のシェアはPCで76%、スマホで75%を占めているのです!

検索エンジンの国別シェア【2020年版】

何かを検索する際、4人のうち3人はGoogleで検索しているのが現状です。さすがの注目度ですね。

Google検索のキーワードにネガティブな情報が出ているだけで、社名を検索した人のほとんどに閲覧されてしまいます。

Google検索のシェアは約75%! 注目度は極めて高く、今後もこの傾向は変わらないことが予想されます。


Google検索から始まる被害とは?

注目度が高いとはいえ、被害に繋がらなければ問題ありませんよね。

しかし、炎上などの風評被害に繋がるのもまたGoogle検索の特徴なのです。

では、実際に過去に起こった事例をご紹介します。

事例①

SNSで商品の虚偽表示に関するツイートが注目

→Google検索に「偽物」「嘘」「悪質」などのキーワードが登場

→SNSを見ない人にも虚偽表示の情報が知れ渡り、ネットニュースも拡散

売上激減

事例②

個人のブログサイトや転職系クチコミサイトに「パワハラ」「ブラック」という書き込み

→不安を感じた就活生や転職者が「〇〇(社名) ブラック」で検索

→関連キーワード欄にも「ブラック」が登場

→社名だけで検索したときには表示されなかったサイトまで注目度が上がる

エントリー数激減

事例③

2ちゃんねるで過去の不祥事から個人名を伴う炎上

→社名検索時にも個人名表示され、注目度上昇

SNSや個人情報を特定されてしまう

ここまでGoogle検索が炎上や被害に繋がった事例を3つご紹介しました。

会社のイメージや業績悪化に直結しかねないことがおわかりいただけたのではないでしょうか。

 

サジェスト

こんな感じで関連キーワードにネガティブキーワードが並んでいるような場合、基本的には利用は控えますよね。

皆さまがそうであるように、一般消費者や企業の担当者も利用前にネットでの評判はくまなくチェックするのが当たり前の文化になりつつあります。

Google検索は炎上に繋がりやすい!キーワードが一つ表示されてしまうだけで関連するサイトの閲覧数も桁違いに上がってしまうことも!


対策する必要はあるのか

ここまで、Google検索の注目度と過去に起こった被害の事例に関してご紹介してきました。

では、Google検索への対策は本当に必要なのでしょうか。

ここまでお読みいただいた方はお気づきかと思いますが、実は最も対策すべきサイトといっても過言ではありません。

例えば2ちゃんねるや転職系のクチコミサイトへの対策ももちろん必要ですが、そもそも検索キーワードをしっかり対策してコントロールすることで閲覧数を下げることは可能です。

対策には以下の方法が考えられます。

  • 専門業者のサービスを利用する
  • 弁護士に依頼する
  • 自社で対策を行う
風評被害対策には様々な方法がありますが、実際に消えるか、いくらかかるか、どのくらいの期間で消えるかなど総合的に判断すると専門業者への依頼が最も有効と言えます。

 

対策といっても逆SEOなど様々な方法がありますが、ソルフェリオーナが提供している手法は”削除”です!

キーワードを完全に抹消することができるので、一度消してしまえば再発する可能性は低いです。

また、再発した際にも無料で再度削除するようなオプションもご用意しています。

Google検索への対策実績は十分で、検索キーワードが削除できなかった事例はほぼありません。

 

 

Google検索時の画面サンプルです。

このように、ブラック企業というスレッドが上位表示されてしまう恐れがあるのでGoogle検索に関しては早期の対策をおすすめします。

Google検索への対策方法は専門業者への依頼が最も有効。中でも再発防止オプションも完備しているソルフェリオーナのサービスは利用してみる価値あり。


まとめ

本日はGoogle検索への対処法についてご紹介してきました。

Google検索の注目度とその裏に潜む危険性についてご理解いただけたのではないでしょうか。

企業のブランディングだけでなく、マーケティングや営業活動、採用関係など幅広く影響を及ぼす、まさに会社の看板ともいえるGoogle検索。

ソルフェリオーナまでお問い合わせいただければ皆さまへの被害の現状や対策方法まで無料で詳しくご案内いたします。

詳しくはお問い合わせフォームからご連絡ください。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました!

もう悩まない。
最短即日で対策着手可能の風評被害対策で
企業のブランドを守ります

お問い合わせ後、風評被害の状況をじっくり分析。
状況と予算に合わせた対策メニューを専任担当者からご案内します。
過去の対策事例やお見積もりはもちろん、今後の被害予測レポートのご用意も可能です。

今すぐ相談する(無料)

関連記事一覧