鵜呑み厳禁!クチコミにはこんなものもあります。

基礎編

こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はタイトルにもある通り、クチコミについて解説いたします。 クチコミを検討材料、判断材料としている方も多いと思います。しかし、鵜呑みにしてしまうことはお勧めしません。クチコミの中には、検討材料にならないものもあるからです。 今回は、検討材料とするクチコミの選び方、検討材料としないほうがいいクチコミをご紹介します。今後、商品やサービス、会社を選ぶ際の参考としていただければ幸いです。

口コミサイト

口コミサイトも様々なものがあります。商品やサービスを探している人が見るようなサイトのクチコミ、求職者が見るようなサイトのクチコミがあります。 クチコミの内容も、見てみると、様々なものがあります。中には、商品を称賛するようなものもあれば、悪く言うクチコミもあります。だからこそ、一度見たクチコミで判断してしまうのは、オススメ出来ません。

サイトの種類内容は様々だからこそ、慎重に判断しましょう。


クチコミにはこんなものも、、、

参考にしないほうが良いクチコミもあります。以下のようなものです。

  • 同業他社が、その会社の商材を蹴落とすためにわざと書いたもの
  • 商品やサービスでなく、会社に不満があり、不満を晴らすために書いたもの(誹謗中傷のようなもの)
  • その会社がわざと作ったもの(サクラといわれるようなもの)

また、クチコミや、紹介しているサイトを書いている人は、あくまでその人の偏見で書かかれているので、鵜吞みにしないようにしましょう。別の意見を参考にしたり、別の意見も聞いてみましょう。

クチコミの中には参考にしない方がいいものもあります。


クチコミを検討材料とするには?

サクラや、恣意的に作られたクチコミを見抜くことは難しいと思います。さて、クチコミを判断材料とする良い方法は何でしょうか。 ずばり、他のサイトで書かれているクチコミを見る、その会社の他のクチコミを見てみることです。たくさんのクチコミの情報を見て、鵜吞みをせずに、あくまで検討材料として、100%信じることは避けましょう。

検討材料の母数を増やしましょう。


クチコミを100%信じないように!

クチコミ次第で商品を買う、買わないを決定する人は多くいます。しかし、クチコミの中には、先程紹介した通り、サクラや、誹謗中傷目的としたものもあります。また、あくまでもその人の偏見で書かれています。クチコミで自分に合ったものを見つけることは難しいですが、違うサイトや、クチコミで、情報を多く取集して、数少ないサイトやクチコミを鵜呑みにしてしまうことがないようにしましょう。

関連記事一覧