【電話帳ナビ編】専門用語徹底解説特集!

機会損失, アウトバウンド営業, メディア運用, WEB広告運用, サイト別コラム

 こんにちは、風評被害対策ナビ編集部です。今回はタイトルにもある通り、電話帳ナビについて解説いたします。 

電話帳ナビという言葉を知っていますか?風評被害対策を行う上でしっかりと理解しておきたいキーワードです。それでは、基礎から解説していきます。今後の風評被害対策の参考にしていただけたらと思います!

 

電話帳ナビとは?

 電話帳ナビとは、全国の施設・団体・お店・企業の電話番号を登録したネット上の電話帳です。電話帳ナビでは、どこの電話番号かを登録しているだけではなく、電話番号に関する口コミ情報なども一緒に登録しています。また、電話番号による検索だけでなく、お店の名前などから口コミなどもチェックでき、無料の口コミサイトしても機能しています。基本的に登録は不要であり、全てインターネットから無料でアクセスすることができます。
 そして電話帳ナビは、ユーザーと事業者との橋渡しができるような情報発信コミュニティを目指しているようです。サイト側としては、ユーザーへの利便性を提供するだけではなく、事業者に対しても、利用者の誘導や収益向上にも繋がる情報を提供したいという考えです。

電話帳ナビは、全国の施設・団体・お店・企業が登録されているインターネット上の電話帳のようなものです。そして、口コミがあるという点も大きな特徴です。


電話帳ナビの利用方法

 

 一番メジャーな使い方は、アプリからの利用です。スマホに電話帳ナビのアプリをダウンロードし登録すると、電話帳ナビの独自のデータベースと照合し迷惑電話かどうかを判別してくれるという機能を使用することができます。知らない番号から電話番号がかかってきたときに、電話に出ようか躊躇することがありますよね。そんなとき、迷惑電話か個人の電話かを即時に判断してくれるので、便利というわけです。


 実際、近年の統計では架空請求などによってお金をだまし取る詐欺行為が数多く起こっています。このような詐欺被害がある状況から考えると、知らない電話番号が迷惑電話かどうか判別してくれるのは大変ありがたいサービスであると言えます。

アプリからの利用で簡単に登録でき、見知らぬ番号からの電話を迷惑電話か個人の電話かを即時に判断してくれる点で便利です。


電話帳ナビによる影響

 

 電話帳ナビには口コミがあるという特徴があることから、そこに悪評が書かれてしまい営業損害が出るという悪影響の可能性があります。悪意のある口コミにより、風評被害が出ることを懸念される方も多いのではないでしょうか?
電話帳ナビには、感情計測アルゴリズムというものを搭載しています。これは悪意のある口コミを自動的に排除する機能を持っています。文面から悪い感情を計算し、誹謗中傷と本当の悪い体験談を判断して、悪意ある口コミは削除されるようになっています。
 基本的には、悪意のある口コミは排除されるため、体験談がベースとなると思います。しかし、全て削除されると言い切れるものではなく、また、体験ベースの悪い口コミにより顧客が離れていってしまう可能性があるということです。これは営業損害にもつながりかねないので、放置することは大変危険といえるでしょう。

 また、営業電話に出てもらえないという影響を及ぼす可能性もあります。仕事の関係で営業の電話をかける方も多くいらっしゃると思います。しかし、営業電話などをしつこくかけた場合、自分の氏名や会社なども登録される可能性があり個人情報が漏洩する可能性はあります。そして、電話帳ナビのサービスをお客様が利用している場合は、すぐに営業電話だと判別されてしまうため、電話に出てもらえない可能性が高くなります。サービス向上のためのアンケートなどで電話をかけることもあると思いますが、これも営業電話と一括りにされてしまう可能性も考えられます。

電話帳ナビの悪評な口コミにより営業活動に悪影響を及ぼしたり、営業電話に出てもらえないという可能性があります。

まとめ

  以上、今回は専門用語特集として電話帳ナビについて解説いたしました!便利な機能を持っている反面、口コミにより営業活動に影響を及ぼす可能性があります。自社の電話帳ナビにどのような内容がかかれているかぜひ一度チェックしてみてください!

もう悩まない。
最短即日で対策着手可能の風評被害対策で
企業のブランドを守ります

お問い合わせ後、風評被害の状況をじっくり分析。
状況と予算に合わせた対策メニューを専任担当者からご案内します。
過去の対策事例やお見積もりはもちろん、今後の被害予測レポートのご用意も可能です。

今すぐ相談する(無料)

関連記事一覧